ETCカードで貯まるポイントって?

クレジット決済付のETCカードといっても、ポイントの還元率やポイントの使い道は千差万別です。

どんな内容のカードがあるのか、何に使えるのか、何を基準に選んだら良いのか、いろいろ整理して考えてみましょう。

■ポイントが貯まりやすいカードと貯まりにくいカード。

同じETCカードを申し込むなら、自分や家族にとってトクするカードがいいのは決まりきったことです。

しかしクレジット決済付のETCカードといっても、ポイントの還元率や使いみちはマチマチです。

中にはポイントは貯まりにくいけれども損害補償にウェイトを置いたカードとか、観光旅行に重点を置いたカードなどもあります。

これはクレジットカード会社の系列によるものです。

●「ETCも入れたし旅行に行こう!」と考えている貴方に–>(URL:http://www.kyo-doko.jp/

銀行系、流通系、通販系などがあり、それぞれ自社の得意分野でサービスの拡充を図っています。

そこを押さえてカード選びすると意外に“欲しいカード”がハッキリしてきます。

■各社、溜まったポイントにはどんな使いみちがある?

高いポイント還元率を誇るカードでも、その代わりに入会費や年会費を要求してくるカードがあります。

初年度は年会費が無料でも次年度からは有料というスタイルもあります。

また貯まったポイントがETCの利用料金と相殺できるもの、日々の買い物にポイントとして使えるものもあります。

たとえば流通系でスーパーを全国展開しているカードでは、ETCを申し込んだ場合でも入会費・年会費は無料。

通常は100円で1ポイントでもカード所有者の誕生日にはポイントが5倍。

1年間の利用額に応じて、ポイント還元率がアップするというものまであります。

スーパーで毎日買い物をする人にはとてもうれしいカードです。

ポイント還元と同時に、ポイント還元率を上げていく楽しみも味わえます。

■ETCカードのマイレージサービスって手続きは面倒?

クレジット決済付きのETCカードを申し込む方法は、実店舗のカウンターに行って手続きをする方法と、インターネットを使って申し込む方法の2つがあります。

ネットで申し込む方法は、クレジットカード会社のサイトに行くか、ETCカードの比較サイトに行って、欲しいカードから申込み手続きにすすみましょう。

実店舗での申し込みも意外と便利で手軽。

データ(ユーザーの基本情報)はすべてカウンター係が打ち込んでくれます。

そのうえ即日ETCカードを受け取れます。

ネットで申し込んだ場合は、カードが届くまで2-3週間かかります。

ETCカードのマイレージサービスもこの手続きで自動的に付与されるようになります。

高速道路でのETC利用料金に応じてポイントが貯まる仕組みなので積極的に利用しましょう。

簡単な手続きでけっこうトクできます。

■ETCカード対応のクレジットカードは千差万別。

最初によく内容を見比べて、利用頻度の高いポイント付与があるカードを選びましょう。

ETCカードといっても、究極はどのクレジットカードを選ぶかでポイントの貯まり方が変わり、利用できる範囲や内容も変わります。

ETCカードにクレジットカードを付けるという考え方ではなく、クレジットカード会社の選択から入ったほうが選びやすいです。

利用頻度の高いサービスのあるものを優先させておくと“ポイント還元実感”も高くなり、使うのが楽しくなります。