ETCカードが盗難にあったときの届け出は?

万一、ETCカードが盗難にあってしまったとき、どんな措置を講じておくべきでしょうか。

紛失・盗難の届け出には順番があります。

考えてみましょう。

■盗難カードで法外な通行料の請求も。

ここ数年のあいだに車上荒らしが急増しています。

初めてETCカードを作る方には理解しがたいと思いますが、ETCカードはクレジットカードやショッピングカードと同様で、盗み出せばいくらでも悪用できます。

たとえば盗んだカードを使って高速道路をタダ乗りするとか、個人情報をETCカードから抜き取って偽造のクレジットカードを作るなどです。

タダ乗りされたETCでの通行料金は、当然ですが盗まれた被害者のほうに請求がきます。

■警察よりも早くETCカード会社を優先。

ETCカードが盗難に遭った場合、警察に届け出るのは大事なことですが、それよりも早くカード会社に連絡することをおすすめします。

連絡を受けた時点で利用停止の措置を講じてくれるので、盗難されたETCカードの乱用は防げます。

クレジット、ショッピングとの一体型カードの場合は、その機能もストップしますので解決するまでは使えません。

■警察に届け出をしても、警察の初動捜査が遅れる場合があります。

優先順位としてはまずカード会社に連絡しましょう。

ETCカードのカード会社連絡は、カード発行を申し込んだ会社のホームページに行って、そこからメール発信するか、電話で直接問い合わせます。

毎月送られてくる請求書にも連絡先が記載されています。